育成

「帰国子女=バイリンガル」という図式が一人歩きしているようです。

そのせいか、前回の記事(高額な高校留学プログラムで本当に英語は身につくのか?)でも記載したように、「英米などの英語圏に留学しないと英語はマスターできない」と誤解している人が大半ではないでしょうか。

こうした誤った認識を持ってしまうのは、受験英語教育が原因の一つと考えられます。

文部科学省は10数年前から「英語の使える日本人育成」を目指して、英語教育改革を進めてきました。会話中心の授業を行う中学校も増えています。高校では、原則として英語の授業は全て英語で行うことになっています。

理想と現実のギャップ

しかし理想と現実は全く異なります。

大学受験を意識する進学校では、昔ながらの受験英語に戻ってしまっています。
英語がペラペラ話せるようになるには、留学するしかないと考えてしまうのもうなずけます。

それでは、バイリンガルになるには留学の道しかないのでしょうか?そんなことはありません。
英検準1級合格を目指して英語学習に取り組めば、日本でもバイリンガルになれます。

英語好きな高校生にとって、英検2級合格はさほど難しくありません。英検2級合格者は、日常会話にはさほど困りません。しかし真の意味でのバイリンガルに近づくには、英字新聞記事を読みこなし、様々なテーマについて英語で議論できる英検準1級合格を目指す必要があるのです。

英検準1級に合格しても、長い海外生活体験のない人は英語を流暢に話せないこともあります。しかし英検準1級レベルに達すると、学習次第では日本文化や国際問題について英語で語れるようになります。そうすれば外国人と自信を持って交流できるようになり、英語を話す機会がどんどん増えます。結果的に、英語力に流暢さも加わってくるのです。

英検も受験も合格率No1